人に関する相談や指導、労働・社会保険手続きのアウトソーシングについて

札幌市の介護事業所で、労働法に関する専門家と顧問契約をする大きなメリット

札幌市で活動する介護事業所特化の社会保険労務士が、経営支援をいたします。

労務顧問になることで介護事業所で日々発生する人の問題を、札幌市で活動する社労士が解決します

介護事業所における労務管理とは

社会保険労務士の顧問契約と言えば、社員の入社から退職に関する労働・社会保険の書類の作成、労働基準監督署への対応をイメージされる方が多いと思います。これらの手続きは、総務や人事の専任者がいない場合は社長や経営者、中小企業においては社長の奥様が行って頂くことになります。
しかし、この手続きに掛かる負担は相当なものですので、私たち社会保険労務士へのアウトソーシングをおすすめします。

社会保険労務士は、労働法に関するスペシャリストです。

介護事業所の成長に合わせて、より良い人材が増え成長していけるように、労務の専門家として最大限の力を発揮します。

  • 入社した時には何をすれば良いの?
  • 在職中に必要な手続きは?
  • 社員のやる気を上げるにはどうしたらいいの?
  • 社内改革に使える助成金はないか?
  • 労働者が退職するけど何をすれば良いの?

など、ちょっとした疑問にも、専門用語を使わずにわかりやすく丁寧にお伝えさせていただきます。

社労士オフィスONEの顧問契約は、
単なる書類作成や手続き代行だけではありません。

会社は法律にだけ縛られるものではありません。
社内では日々人の問題が存在し、会社として対応に迫られることもあります。それらに迅速・最善に対応し、経営者の想いをスタッフに伝え、スタッフとともに成長していく。そんな会社が強い会社といえます。
そのためのクリアすべき課題を一緒に考えましょう!!

顧問契約をすることで得られるメリット

  • 本業の妨げになる書類作成業務や役所への提出業務は、弊所が代行して行います。
  • 最新の介護保険法や労働法の法改正、助成金情報を随時提供します。
  • 弊所が主催する介護事業所を発展させるためのセミナーを特別価格でご案内します。
  • 弊所の他のサービスを顧問価格で利用可能です。
  • 長くお付き合いさせていただくことで、会社の内部状況を深く理解できるため、より最善なご提案が可能となります。

労務顧問料は18,000円【税別】/月〜
(相談顧問のみは12,000【税別】/月〜)

  1ヶ月当たり 内容
相談顧問 12,000円〜 電話やメールによる相談や、状況に合わせた的確なアドバイスを行います
労務顧問 18,000円〜 相談顧問+左下表の業務を行います

※企業様の従業員数や、手続き発生量などにより料金が変動いたします。

労務顧問に含まれる基本内容
  • 入社した社員に対する雇用保険資格取得の届出
  • 入社した社員に対する社会保険資格取得の届出
  • 入社した社員に対する社会保険資格被扶養者の届出
  • けが・病気をした社員に対する傷病手当金の届出
  • 出産した社員に対する出産手当金、一時金の届出
  • 賞与支払い届(賞与時)
  • 60歳時雇用継続給付金の届出
  • 業務上けがをした場合の届出(労災)
  • 社員退職時の労働・社会保険関係の届出(退社時)
  • 労働保険の年度更新業務(7月)
  • 社会保険の算定基礎届(7月)
  • 36協定の策定届け出(定期)
  • 変形労働時間制の届け出(定期)
  • 健康保険、厚生年金保険料の改訂のお知らせ(9月)
  • 定期的なご訪問による人事面、経営状況の確認
  • メール受付対応(受信から24時間以内に返信します)
  • 御社に最適な助成金情報の提供
  • 法改正情報の発信
  • メール、スカイプ等の通信機器による相談(無制限)
  • 労務トラブルの相談、アドバイス
  • 訪問による元気注入!!
労務顧問に含まれない内容
  • 給与計算
  • 就業規則等の作成、見直し業務
  • 雇用契約書等各種規定、見直し業務
  • 人事制度コンサルティング
  • 賃金・退職金コンサルティング
  • 助成金手続き
  • 監督官庁調査の立会い
  • その他左記に含まれない業務
経営者が本業へ専念できるよう「迅速」かつ「高品質」なサポートを提供させていただきます!!
お気軽にお問い合わせください!

【お問い合わせ先】

このページの先頭へ

社労士オフィスONE

011-211-1312
営業時間 平日9:00〜18:00